2018年10月12日

コンシューマー電子機器の大手がこのほど、自動車製造をめぐり動きを活発化しており、新たな情報が次々と伝わっている。大規模な新エネ車市場を目の当たりにした大手は、自動車産業への野心を隠せなくなっている。自動車産業はもはや伝統的な自動車メーカーだけの世界ではなくなった。AI(人工知能)技術により、ダイソン、百度、360などの大手も新エネ車分野に進出している。証券日報が伝えた。


アップルが秘密裏に自動車開発、サムスンはサプライヤーに


アップルの自動車開発は風も通さぬほどの機密事項だ。このほど、アップルの自動運転車に事故が生じたという情報が伝わり、社内の自動車開発プロジェクトがさらに明るみに出た。


アップルは当初「タイタン」と呼ばれる自動車開発計画を始めていた。アップルの自動運転車チームは、「タイタン」の研究における最も突出した要素だ。情報によると、アップルの5000人以上の社員が現在、自動運転車の研究を行っており、自動車用回路基板とチップの大々的な開発も行われているという。アップルはテスラから社員を50人ほど引き抜いている。アップルは今年さらにテスラの運転補助システム「Autopilot」、品質保証、動力システム、機械設計、ファームウェアなどの人材を募集している。


アップルの閉鎖的な自動車開発と違い、サムスンは堂々としている。


サムスングループの李健熙会長は1994年に「サムスン自動車」を設立したが、1998年のアジア通貨危機によりこの資産をルノーに譲渡した。


サムスンは3年前に自動車部品事業を再び立ち上げ、その後自動車事業の拡大を続けた。情報によると、サムスンは現在、自動運転技術に積極的に取り組んでいる。昨年の情報によると、サムスンは韓国で初めて自動運転テストナンバーを取得した企業になり、自動運転研究開発チームを発足させた。サムスンは自動車製造を否定しているが、スマートカー分野に展開しており、LiDAR関連技術を手掛ける新興企業の米「TetraVue」や、車載ネットワーク技術、通信、自動運転アルゴリズムなどの各社に投資している。




同じカテゴリー(新聞)の記事
 財經新聞---亞馬遜市值突破9000億美元 (2018-07-25 12:27)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

Copyright(C)2018/喵喵咪Acha ALL Rights Reserved